理系のための大学受験必勝勉強法

現役予備校講師による理系学生にターゲットを絞った効率的な大学入試勉強法を紹介!

【第2章】必勝勉強法-数学

レベル別参考書紹介-数学

投稿日:

ここで紹介する参考書・問題集はどれもとても良質なものです。
正しい取り組み方をすれば確実に学力を伸ばすことができます。
必ず自分のレベルにあった参考書を選んでくださいね。

Step0:教科書の内容をマスターする

基本的な公式の使い方といった、教科書の内容を理解できていない人は、
受験用の参考書に取り組んでも時間の無駄です。
学校でもらえる教科書準拠の問題集を取り組みましょう。
大東亜帝国レベルの入試であればこれで間に合います。

Step1:基礎を築き上げる

教科書の内容を一通り理解できたら、入試対策の基礎を固めましょう。
この過程はできるだけ早く終了させ、次のステップに進む必要があります。
そこで、私が自信を持ってお勧めする参考書はシグマベストの理解しやすい数学シリーズです。
シグマベストの理解しやすい数学シリーズは参考書・問題集がセットになっており、入試の基礎固めとして必要な問題を漏れなくカバーしています。
そのうえ、チャート式程ボリュームが無いので、受験生が消化不良になることもありません。
類題まで無理して解く必要はありません。
まずは1周読破することを目標にしてください。
類題の解説は割とあっさりしているので、教科書の内容の理解が不十分だと物足りなく感じるかもしれません。
「解説を読んでも理解できない=教科書内容が理解できていない」ということなので、自分の学力の「穴」を見つけられるという面で、非常に効果的です。
シグマベストの参考書の学習が終われば、日東駒専クラスの大学であれば余裕で間に合います。
MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)レベルであれば、足を引っ張らない程度得点できます。

Step2:入試で戦える学力の完成

シグマベストの参考書で基礎をしっかり身につけたら、次は受験界では有名な青チャートを取り組みます。
「基礎から」と書いてありますが、これが結構難しいです。
しかし、Step1で紹介した参考書をマスターできていれば大丈夫です。
青チャートは非常にボリュームがありますので、
すらすら解けない学力のうちから取り組むと、消化不良になってしまいます。必ずStep1をマスターしてから取り組んでください。
Step1をマスターしていればすらすら解けるはずです。
青チャートまでの学習が終われば、MARCHレベルの大学であれば数学を得点源にできます。
さらに上の大学を目指す人は次のステップに進んでください。

Step3:入試で差をつける学力の完成

次はいよいよ志望校に合わせた学習に入ります。
最初に赤本を見て志望校での出題頻度の高い分野を調べましょう。
ほとんどの学校で微分・積分が出題されると思いますので、
数IIIを学習した人は微分・積分は必ずおさえておくことをお勧めします。
入試で差をつける学力を養うのに最も適している参考書は、
大学への数学(1対1対応の演習)です。
とにかくこの本は問題の質が素晴らしいです。
解説も丁寧に書かれています。(若干文章が気に障ることがありますが・・・)
ここまでの学習が終われば難関大学であっても勝負することが可能です。
早く先に進みたい気持ちはわかりますが、問題集を繰り返し解くことは忘れないでくださいね。

効果的な勉強法で数学を得点源に!

数学の勉強法紹介は4つの記事で構成されています。
まだ見ていない記事があったら読んで下さいね。

  1. 数学勉強法の基本
  2. 問題集の取り組み方
  3. レベル別参考書紹介
  4. なぜ5分間方針を考えることが重要なのか

-【第2章】必勝勉強法-数学

レベル別参考書紹介-数学 を見た人はこちらも見ています。

数学

【第2章】必勝勉強法-数学

この章では理系受験生の生命線とも言える数学の勉強法を紹介します。 数学の勉強法の紹介記事は全4記事で構成されています。 効果的な勉強法で数学を得点源にして行きましょう。 数学勉強法の基本 問題集の取り …

数学

数学勉強法の基本

数学は理系受験生としてはできて当たり前の教科です。 もし数学が苦手であるならば、数学に重点を置いて確実に克服してほしい。 理系受験生にとって数学ができないのは致命的な問題です! しかし、今現在数学がで …

数学

問題集の取り組み方-数学

くどいようですが、良質な問題集は1冊で必要な知識を全てカバーしています。 そのため、1冊の問題集を最低2回は繰り返し解いてくださいね。 問題集に取り組む前に次の4つの記号の意味を理解してください。 ☆ …

数学

なぜ5分間方針を考えることが重要なのか

私が紹介している勉強法では、歯が立たない問題であっても、5分間は自分で考えてみることをおすすめしています。 この記事では5分間考えることがなぜ重要かお話します。 5分間考える問題集の取り組み方について …